島本第二小学校ブログ


年度当初の予定では、すでに今頃は水泳指導がスタートしているはずでしたが

今年は緊急事態宣言下ということもあり、22日まで延期しています。

目下、感染予防対策をいろいろ講じているところですが、

今日の掃除時間には更衣室を模様替え。

CIMG6963 CIMG6964

隣の人との距離や向きを意識できるよう、いすを並べました。

(5、6年生がすすんで作業をしてくれました。ありがとう。)


さて、読書週間は今日でラストですが、今月いっぱいは

図書室で「本の帯コンクールチャレンジ」が開催されています。

CIMG6969 CIMG6971

昼休みにも、大勢の児童が集まって本の帯づくりをしています。

去年の作品も参考にして、好きな本の話をしながら丁寧に仕上げています。

CIMG6975

最後まで作品がきちんと完成して司書の先生に提出できた人は、

ガチャ玉に挑戦する権利を獲得。              

CIMG6967 CIMG6976

このガチャ玉、ボックスもダイヤルも段ボールによる手作り。

とっても良く出来ています。

ダイヤルを回して出てきたガチャ玉の中にある番号と同じ

(これまた手作りの)「しおり」がもらえます。


「お楽しみ」がたくさんある図書室。

これが人気の理由のひとつかもしれません。



















今日も朝から気温が上昇。

CIMG6957 

昨年度、西館屋上に設置したスプリンクラーや新館、北館周辺のミストは全開。

CIMG6874 CIMG6950

この暑さの中ですが、今日は二小チャレンジの最終日、

25分休憩に高学年が運動場を駆け回りました。

CIMG6955 CIMG6954

CIMG6949 CIMG6947

子どもだけでなく、教員も参加。

熱中症対策をしながら、みんなあせだくになって、思い切り楽しみました。

企画や運営をしてくれた体育委員会のみなさん、ご苦労様でした。


最終日と言えば、連日出勤していた「うさ田男」さんも、

今日でお勤めが終了です。

CIMG6945 CIMG6958

生活科や図工、理科など、出向く教室の先々で大歓迎され、

みんなの人気者になったのですが、

さすがに高齢のため、夕方は職員室でフードを食べながら、

そのまま寝落ちしてしまうほど、お疲れの様子。

3日間、本当にお勤めご苦労さまでした。

家でゆっくりして、これからも長生きしてほしいですね。


まだまだこれから成長するもの…と言えば、


CIMG6887


二小では初お目見えのものですが、これが何かわかりますか?


CIMG6961


毎年、これを使ってお仕事をされている方も、おられるかもしれません。


正解は・・・「種もみ」です。


これまで5年生は田んぼをお借りして田植えや稲刈りを体験していましたが

今年度から、やりかたを変え、まず種もみからスタートし、

校内のプランターを活用して稲を育てる予定です。

今はコップの中で発芽させている段階で、

このまま順調に発芽したら、土に植え替えます。

初の試みですので、不安もありますが・・・

うまくいくことを期待しましょう!









今日も良い天気です。

25分休憩は運動場で子どもたちが元気に遊んでいる光景が廊下からもよく見えます。

思いっきり体を動かしている姿に、ホッとします。

 CIMG6914 CIMG6913

一方、同じ25分休憩時間、廊下から教室をのぞくと・・・・

CIMG6912 CIMG6911

CIMG6910 CIMG6908

まるで、まだ授業中かと目を疑うような6年生。

タブレットで課題の作文を仕上げている子、調べ学習のレポートを作成している子、

それぞれが自分の課題の続きを楽しそうに自主的に取り組んでいるのです。

子どもたち曰く、「タブレットのほうが作文を書くときに校正が楽」

「直筆で書くよりも時間がかかるけど、レポートがきれいに仕上がる」とのこと。

また「字を書かないと下手になるし、字を忘れる」という声もありました。


(それにしても、子どもたちはそれぞれ年齢や性格、趣味など、

 さまざまな違いで違った時間の過ごし方をしているんですね。)


CIMG6861 CIMG6858

(4年生 各自で都道府県を紹介するパワーポイントを作成し、発表)

CIMG6919 CIMG6920

(5年生 発表ノートで学習の「ふりかえり」の提出)

1人1台タブレットになり、授業、学級活動、休み時間・・・と

確かにタブレットの使用頻度はとても増えました。

でも、タブレットを使わなくても、子どもたちはもちろん授業に前向きです。


CIMG6925 CIMG6922

 (3年生 外国語活動)         (5年生 算数)


こんなこどもたちを毎日見ていると、

その可能性の大きさに夢がふくらみます。

学校は、何よりまず安心・安全な場であること、

そして、すべての子どもの可能性を大切にできる場でありたいです。





























このページのトップヘ